神社参拝レポート① 神さまを自分の外に置くことのメリット

こんにちは。
Self-floweringの奥山昭弘です^^

今日はぼくが今めちゃくちゃハマっている神社参拝の記事を書いてみようと思います!!

みなさんは日本の神さまとのご縁って深いですか?

子供の頃から必ず節目に参拝に行ったよとか、お神輿担いだよって言う人もいれば、お寺と神社の違いも分からなかったようなぼくみたいな人もいると思います。

今回なぜぼくが神社参拝を始めたのか、きっかけからなのですが、本当に急に唐突に日本の神さま(スサノオ様と思われる)から、「もっと近くに来なさい」と言われたのがきっかけでした。

昨年国産みの島である淡路島の伊弉諾神宮にて、思いもよらなかったイザナギ様とつながってしまうという現象から始まり、

今年1月1日からは、氏神様に毎月1日の午前中にに必ず参拝することを習慣にしておりました。

4月1日にはなんと一万円札が入りたいというので、一万円をお賽銭するという人生初体験も起きました笑

参拝も10回を超え、神さまとの関係性もできてからでしょうか、このようなお声がかかって驚き、遠慮なくそそくさと神さまの方に近づいて行きました。

それが8月4日のことだったと思います。

で、本屋さんの精神世界コーナーに寄り、普段は見ない神社・神道関係の本を読み漁り、基礎知識を吸収しました。

体が求めていることなので、短期間の間に面白いくらいするすると、情報をひっぱる・ひっぱる笑

特に面白かったのが、竹内文書

表に出ている古事記や日本書紀と違い、裏で口伝で伝わってきたものなので、いろいろ面白い裏が出てきます。

そしてぼくの大好きな宇宙史がここで、日本神話とひとつになってしまった!!

ですが今日は話がズレるので、違う機会に書こうと思います。

 

何冊か読んだ中で一番良かったのはこの本でした。

「日本の神様」
著者:道幸龍現さん

タイトルがそのまま自分に出てきていた単語だったので、驚きました!!

ちょっとビジネスチックな感じで、はじめはためらいましたが、内容に込められた波動の実感がよかった。

ここで書かれていたことをざっくり言うと、

・神道こそ日本人の精神の根本にある「意識のOS」であり、成功法則である。
・神社参拝すると、神仏に守られているという安心感が生まれ、精神的に安定する。
・成功している人は、大概神仏に対する信仰心を持っている。

また参拝の仕方というところでいうと、

・普通の参拝より(もいいけど)、正式参拝すると10倍~100倍運気が変わる
・お賽銭は500円がおすすめ
表の伊勢神宮と、裏の出雲大社の両参りするととてもよい。

そういえば2013年に伊勢と出雲の大遷宮が重なって、縄文から弥生への移り変わりの国譲りの時に起きた不和が、統合されてひとつになったのですね!

その時は情報だけでスルリと抜けていましたが、本当に時代的に大事件だったんだなと振り返させられます。

それとこれはこの本だけじゃなくて、神社参拝の基本的な事項みたいですが、次の三社参りをするとよいみたいですね。

・氏神神社(または産土神社)
・マイ神社=じぶんのお気に入りの神社
・行ってみたい神社

その他土地の一の宮神社に行った方がいいよ、というような情報もありました。

東京都は一の宮神社がないらしく、うちはさいたま市の氷川神社まで行かないといけないみたいだから、先送りになっています(ある人によると、東京で第二位のパワースポットみたいですが)

ちなみにぼくは8月~9月にかけて、週に1-2回氏神様を基本的にして、my神社を探して毎週末いろんな神社にお参りしてみました。

沼袋氷川神社(中野区)
赤城神社(新宿区)
東京大神宮(千代田区)
江島神社(藤沢市)
富岡八幡宮(江東区)
打越天神北野神社(中野区)
新宿諏訪神社(新宿区)

まあいろんな神社があるものですね!!

大抵はエネルギーが高い神社が多いのですが、中には浮浪者っぽい人が寝ていたり大丈夫かなと思うところもあったり。。

アマテラス様が祀られている東京大神宮では初の正式参拝をし、江島神社の龍宮では、龍神さまについてきてもらいました!

それからやたらにゾロ目をみるようになり、驚きまくっている(゜o゜)

本当にあれから地味に変わってきた。

飛躍したというよりも、地に足がついた感がありますね!!

こちらの詳しいレポートは次回に回そうと思います。

今日は本当に神社参拝ってすごいんだよ、世界変わるよ、ってことをお伝えしたくて♪

 

神さまを外に置くことのメリット

ここからぼくの気づき・感想です^^

特にわたしのように「サトリ系」に走ったことがある人は、この物質世界は本当は実在しないことが分かってしまって、「神」=「本当の自分」=「無がある状態」=「脳では理解できない体感するしかない領域」を、思考(エゴ)の癖につかまって、概念化して分かった気になりやすい、と思うんですよ。

ぼくは「神」というと、にいるのではなく、にあるイメージで、無意識的に外に置くのを嫌がってたんですね。

なんか従わなくちゃいけない感じがして。。

本当は「中」も「外」も表裏一体なので、ひとつなのですが。

ただ今回このような流れで、具体的な神さまを外に認めることによって、とても謙虚さが身につくな、と思いました。

日本人が本来持っているセンスがあり、やっぱり「いいこと」と「悪いこと」はある。

それは観念とかいう前に、人としてあるべき姿というか。

感謝したり、愛したり、応援したり、楽しむのは、やっぱりいいことだし、騙したり、盗んだり、悪口言ったり、ズルしたりすることは、やっぱり悪いこと。

それをしっかり神さまは見守っていて、徳を積んだ人にはいいことがあるように、悪徳を積んだ人には悪いことが起きるように、配分されていると思う。

そして「我」や「体や心に溜め込んだネガティブなエネルギー」を手放して、心から純粋にありがとうして、おかげさまして、世のため人のために力を出して行けば、おのずと幸福になる仕組みなのだと思います。

それはぼくらの中にある、神さまが分けてくれた分け御霊がよくよく知っている。

というような感じで、幸せになりたい人必見の神社参拝レポートは、シリーズ化して次に続けようと思います^^

関連記事

  1. 人はじぶんの描いた夢を、形にしていける生き物である♪

  2. 平成最後の日の誓い♪

  3. 人生を学べる映画ブログ♯1

  4. 「脳内ニューヨーク」チャーリー・カウフマン/自我の殻を超えるということ…

  5. 「パターソン」ジム・ジャームッシュ/日常で昇華しきれない何か♯5人生を…

  6. 「万引き家族」是枝裕和/人は一人一人は力が弱いけど、みんなが力をあわせ…

  7. 「リュミエール!」リュミエール兄弟/感動の映画のはじまり ♯2人生を学…

  8. 「幸福」アニエス・ヴァルダ/本当の幸せって何? ♯3人生を学べる映画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。